チャートパターンを読み取る事を前進させて行きましょう!

さようなら、メンタルケア > チャートの見方 > チャートパターンを読み取る事を前進させて行きましょう!

チャートパターンを読み取る事を前進させて行きましょう!

一時間足や四時間足でチャートを見ていると、もみ合ってる時にペナントパターンが出ることが良くあります。

これはそれまでのトレンドを受けて同じ方向へ続く可能性があります。

ただ、これらのチャートパターンはレンジの変形なので、天井や底に現れることも多いのが現状です。

上か下か、どちらへブレイクしたのか見極めるには、いったん戻ってくるかどうかを見てからの方が良いでしょう。

このような戻りはダマシとも考えられるので、きっちりと折り返したのかどうかが大事です。

単純にグランマーチン法などには走らない事を私は強くおススメ致します。